ホホバ、椿、アルガン、オリーブといった植物からとれるオイルのことを“植物オイル”または“美容オイル”と呼びます。フェイスオイルなどスキンケアに取り入れている人も多いのではないでしょうか。

これらのオイルはさまざまな“脂肪酸(脂質の元となる成分)”で構成されています。主にどんな脂肪酸が含まれているのか、種類やその特徴をご紹介していきます。

脂肪酸にはどんな種類がある?

脂肪酸は大きく分けると“飽和脂肪酸”と“不飽和脂肪酸”の2種類があります。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

健康面でみると飽和脂肪酸は体に悪く、不飽和脂肪酸には健康効果あり、ということが言えますが、実は肌にとってはどちらも大切なのです。不飽和脂肪酸はさらに“一価不飽和脂肪酸”と“多価不飽和脂肪酸”の2つに分けられます。

 飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は、常温では固体。エネルギーを作り出す物質。取り過ぎると体の中のコレステロール値が上昇し、肥満の原因に。

 不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は、常温では液体。血液をサラサラにする効果、体の中のコレステロール値を下げる効果がある。

一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸

植物オイルの主な成分となっているのがこの一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸です。上記に挙げた脂肪酸のそれぞれの働きを、もう少し具体的にみていきましょう。

 一価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸は、酸化しにくいのが特徴。“オメガ9系脂肪酸”とも呼ばれる。オレイン酸、パルミトレイン酸などがある。

 多価不飽和脂肪酸

多価不飽和脂肪酸は、酸化しやすいのが特徴。“オメガ3系脂肪酸”と“オメガ6系脂肪酸”に分けることができ、オメガ3系には“α(アルファ)-リノレン酸”や“γ(ガンマ)-リノレン酸”、オメガ6系には“リノール酸”などがある。

植物オイルに含まれる脂肪酸の種類とその働き

植物オイルに含まれる脂肪酸には様々な種類があります。それぞれの脂肪酸の特徴とその働きについてみていきましょう。

飽和脂肪酸

まずは飽和脂肪酸についてお伝えしていきます。主に動物性の油脂に多く含まれる脂肪酸のため、植物オイルに含まれる割合は少ないのですが、肌にとって優れた効果を持ち、多くの化粧品や石けんなどにも配合されています。

ラウリン酸

母乳に含まれる成分として知られているラウリン酸。植物オイルではココナッツオイルやパーム油に多く含まれています。抗菌・抗炎症作用があり、肌荒れやニキビにも効果的な成分です。

ミリスチン酸

ミリスチン酸は細胞膜を保護する働きがあります。肌の水分を抱え込みうるおいをキープ、さらに肌表面を柔らかくするエモリエント効果もあります。

パルミチン酸

パルチミン酸は皮脂をコントロールする効果、ターンオーバー(肌代謝)を正常にする効果、肌の老化を防止する効果などがあります。

ステアリン酸

動物性・植物性の脂肪の中でも、特に多く含まれている飽和脂肪酸がステアリン酸です。抗酸化作用があるためアンチエイジング効果が期待できます。また肌を清潔に保つ効果や保湿効果もあります。

一価不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸の一つである一価不飽和脂肪酸には、主に次のような脂肪酸があります。

オレイン酸

植物オイルの主成分となっていることが多いのがオレイン酸です。“オリーブオイルに含まれている体にいい油”として広く知られているため、名前を聞いたことがあるという人は多いかもしれません。

不乾性油として蒸発しにくいという特徴を持ち、肌を守るバリア力や保湿力に優れています。酸化しにくいため、オレイン酸主体の植物オイルは品質が保たれやすいというメリットもあります。

ただしオレイン酸は、体内でも合成され、皮脂にも多く含まれる成分です。そのためもともとオイリー肌の人が肌につけ過ぎると、ニキビや毛穴の開きなどのトラブルに繋がる可能性もあります。

パルミトレイン酸

パルミトレイン酸は飽和脂肪酸に含まれる“パルミチン酸”からつくられる成分です。オレイン酸と同じく皮脂の成分にもなります。肌を柔らかくする効果、肌の乾燥や老化を防ぐ働きがあります。

多価不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸の一つである多価不飽和脂肪酸には、次のような脂肪酸があります。

α-リノレン酸(オメガ3系)

α-リノレン酸は体内で代謝が行われ“EPA”や“DHA”に変わる特徴を持ちます。肌の炎症を抑える働きや、水分の蒸発を防いで肌のうるおいをキープする力に優れています。

γ-リノレン酸(オメガ3系)

γ-リノレン酸はα-リノレン酸と同じく皮膚の炎症を抑える効果があり、アトピー性皮膚炎などの治療にも用いられています。またターンオーバーを正常化する働きもあります。

リノール酸(オメガ6系)

一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸の次に植物オイルの主成分となることが多いのがリノール酸です。肌のうるおいをキープする物質“セラミド”の材料となることでも知られています。

また肌を滑らかにする効果や、メラニンがシミになるのを防ぐ効果もあることが分かっています。ただし酸化しやすい性質があるため、リノール酸主体となっている植物オイルは品質が劣化しやすいというデメリットがあります。

脂肪酸組成をチェック!自分に合った植物オイルを知ろう

植物オイルにもさまざまな種類がありますが、それらを構成する脂肪酸の組成は一つ一つ違います。

フェイスオイルを選ぶ時には、肌が弱い人は人の皮脂にも含まれるオレイン酸主体の刺激の少ないオイルを、炎症がある人や肌がくすみがちな人はリノール酸主体のオイルを…など、自分の肌質にあった植物オイルを選ぶことが大切です。