一般にヘアケアアイテムとして重宝されている椿オイルですが、毛髪だけでなく、フェイスオイルとして顔や体にも使うことができます。

そして、女性を悩ませる様々な肌トラブルを解決に導く救世主となってくれるのが椿オイルです。今回は、椿オイルの特徴と美容効果について詳しく紹介していきます。

椿オイルの特徴

椿オイルの原料は、みなさんもよく知っている椿です。椿オイルはヒトの皮脂にも含まれる”オレイン酸トリグリセリド”を多く含むのが特徴です。

椿はツバキ科ツバキ属の植物で、その種子から抽出されたオイルが椿オイルです。椿オイルは、基本的に日本原産のオイルです。有名なのは伊豆大島で、他にも長崎県や宮城県などが原産となっています。

椿オイルの美容効果

椿オイルにはさまざまな美容効果があります。椿オイルの美容効果についてみていきましょう。

 保湿効果

椿オイルには、不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富に含まれており、約85%がオレイン酸と言われています。人の皮脂の主成分であるオレイン酸は、肌によくなじんでしっかり浸透し、肌内部の潤いを保って、たるみやシワを予防、改善する保湿効果があります。

乾燥肌の人は、油分が少なくなっている状態なので、適度に油分を補うことにつながり、肌をしっとりと整えてくれます。また、ヘアケアとして使った場合も同様に、髪の水分を保って油分を補い、しっとりとまとまった髪へと導いてくれます。

紫外線を予防する効果

椿オイルには、紫外線に当たることによって肌や髪へのダメージを招く光毒性がなく、むしろ紫外線予防をする働きを持ちます。そのため、外出前に髪や体、顔に椿オイルを塗っておくことで、保湿プラスUVケアができて美肌を保つことにつながります。

ターンオーバーを整える効果

椿オイルには、古い角質を除去してターンオーバーを整える効果があります。年齢とともにターンオーバーは遅れる傾向にあり、古い角質が肌に残ったままの状態では肌がくすんで見えることがあります。

椿オイルによってターンオーバーが整えられると、肌がトーンアップされるとともに、美容成分が肌に浸透しやすい状態を作ることができます。

抗菌作用や抗酸化作用

椿オイルに含まれるサポニンという成分は、抗菌作用や抗酸化作用を持ちます。そのため、若々しい肌作りやニキビなどの炎症を抑える効果が期待できます。

オレイン酸が豊富な椿オイル

オレイン酸の語源ともなったオリーブオイルよりも豊富にオレイン酸を含むのが椿オイルです。高い保湿力によって乾燥肌対策になるのはもちろん、クレンジングやマッサージオイルなど様々な用途に活用できます。

国産のオイルというのも嬉しいですよね。ぜひこの機会にフェイスオイルとして椿オイルを手に取ってみてください。